異物混入が発覚した場合

速やかに公表すべきでしょう。

それが、製造物責任者のやるべきこと。

異物が小さいならOKかどうか、異物に毒性があれば、小さくても問題でしょう。

隠ぺいしているような対応がもっともよくない。

他の業界でもいえますが。