24時間テレビに出演の障害者だけが障害者ではない

24時間テレビで障害者を取り上げるようになり、障害者理解が深まったという功績はある。

だけど、毎回のクローズアップの仕方や出演者の涙を見せる演出はもうたくさんだと思う。

障害者は、皆なあのように努力してうまくいっている例ばかりでない。

特に知的障害者の生活のしにくさこそ、多くの人達に分かってほしいこと。

知的障害者が働く事もできず、家族の力で生きていること、分かってほしい。